ジェンダー医療研究会:JEGMA

ジェンダー医療研究会は、 ジェンダー肯定医療に関して、エビデンスに基づいた情報を発信します。

キャス博士の報告書:国際ガイドラインのレビューとジェンダークリニックの調査/定量的研究/データリンケージ(結合)研究/定性研究 - p.58~

国際ガイドラインのレビューとジェンダークリニックの調査 1.26 ジェンダーに疑問を持つ子どもや若者のケアに対する適切なアプローチについて合意を得ることは、イギリスでも国際的にも困難です。重要な出発点は、国際ガイドラインの評価と統合を得て、その…

キャス博士の報告書:研究ガバナンス/システマティックレビュー -p.54~

研究ガバナンス 1.17 元の研究調査は、保健研究局(HRA)の研究倫理委員会によって審査され、参加者の利益、安全、幸福(wellbeing)の保護を保証しました。研究が匿名化された患者データセットへのアクセスを伴う場合、HRAの機密保持諮問グループにも承認を…

キャス博士の報告書:エビデンスの構築 - p.52~

エビデンスの構築 1.11 (Appendix 1). 1.12 全国的なオープンな調達プロセスに従って、ヨーク大学は独立した研究プログラムの提供を委託されました。その目的は、疫学、臨床管理、ケアモデル、アウトカムに関連する公表されたエビデンスの入手可能な最良の照…

キャス博士の報告書:方法論/エビデンスを理解する -47 p.~

方法論 1.1 このレビューは、まず、採用されたアプローチを支える基本原則を確立しました。 児童または若者の福祉は、すべての考慮事項において引き続き最優先されなければなりません。 レビューの中心にあるのは、支援を求めている児童や若者のグループであ…

キャス博士の報告書:NHSナンバー/履行にあたって/より広いシステム学習 - p.44~

NHSナンバー 161. 現在、NHSの記録でジェンダーの変更を要求すると、NHSのガイダンスでは、新しいNHS番号を発行する必要があります。これは、これらの児童および若年者の保護および臨床管理に影響を及ぼし、長期的な健康管理(例えば、提供されるスクリーニン…

キャス博士の報告書:成人ジェンダー医療サービスへの移行/脱トランス/自費診療  - p.42~

成人ジェンダー医療サービスへの移行 145. 現在、かなりの数の若者がGIDSから成人向け医療サービスに移されています。 GIDSで医療を受けている人もいますが、GIDSの初診の予約を待ち続けている間に17歳になってしまい、そのまま成人向けサービスの待機リスト…

キャス博士の報告書:治療経路/NHS内での医療経路 - p.41~

治療経路 138. NHSに助けを求めるジェンダーに疑問を抱く児童や若者が公平にサービスを受けられるように、一次医療から三次医療までの経路に沿ったサービスへの紹介には、明確な基準が必要です 139. レビューが開始されたとき、専門のGIDS医療サービスへのア…

キャス博士の報告書:医療サービスの改善/臨床研究キャパシティ -p.39~

サービスの改善 127. サービス改善の中心となるのは、治療結果に関する体系的かつ一貫したデータ収集です。 128. レビューの過程で、最も基本的なデータや情報でさえ一貫性のある包括的な方法で確実に収集できていないことが明らかになりました。多くの場合…

キャス博士の報告書:臨床の決断の困難/人材/医療サービスモデル/トレーニングと教育 - p.34~

臨床の決断の困難 96. 児童や若者へのジェンダー医療で大きく議論に分かれることに、ジェンダー違和に対してホルモン治療をするべきかの問題があります。 新サービスのビジョンを策定するにあたり、レビューは同意の問題を検討しました。 それは、ベル対タヴ…

キャス博士の報告書:社会的移行/医療的措置/長期的アウトカム - p.31~

Social transition 社会的移行 71. 社会的移行の定義は、まだ確定してはいません。しかし、髪型や服装を変えたり、名前を変えたり、代名詞を変えたりするなど、異なるジェンダーとして生きるための社会的な変化を指すと広く理解されています。 72. 社会的移…

キャス博士の報告書:診断/その人個人にぴったりの治療計画/心理セラピーの重要性 - p.29~

診断 55. このレビューでは、若者がジェンダー違和の診断の価値をどのように認識しているかについて、さまざまな意見が聞かれています。多くの若者は、自分が病状にかかっているとは思っておらず、診断が自分の自律性や自己決定権を損なうと感じている人もい…

キャス博士の報告書:臨床的アプローチと管理/アセスメント - p.27~

臨床的アプローチと管理 43. ジェンダーに疑問を抱く児童や若者のケアや治療について、臨床家はさまざまな視点を持っており、最善のアプローチは何か、多くの人が混乱したままです。若者が何を望み、何を必要としているかについては、様々な見解があります。…

キャス博士の報告書:患者コホートの理解 - p.26~

患者コホートの理解 30. 本報告書では、紹介件数の増加の理由と、なぜ出生登録が女性である人が思春期に不釣り合いに増加しているのか、そしてこのことが医療サービスに与える影響について検討しました。 31. これは、以前の研究で調査されたコホートとは異…

キャス博士の報告書:中間報告 - p.25~

中間報告 25. 2022年、本報告書は中間報告書を発表し、初期のアドバイスを行いました。それは、エビデンスに基づいたサービス開発の重要性を示し、評価や治療への適切なアプローチを含め、ジェンダー不合やジェンダー違和を抱える児童や若者の臨床管理を支え…

キャス博士の報告書:キーポイントと推奨事項 - p23.~

キーポイントと推奨事項 16. 患者の紹介にあたって考えられるキークエスチョンについて述べると、この報告書は、既知と未知のことを示し、NHSが安全、効果的、思いやりを持って対応する方法について答えることしかできず、いくつかの問題はより広い社会的議…

キャス博士の報告書:要約と推奨事項 - p.20~

要約と推奨事項 1.このレビューの目的は、自分のジェンダーアイデンティティに疑問を抱いている、またはジェンダー違和を経験している児童や若者が高水準の医療を受けられるようにするための推奨事項を作成することです。彼らのニーズに適合する医療は、安…

キャス博士の報告書:言葉(Language) - p.18~

言葉(Language) 呼称(ラベル:Labels)は混乱を招く可能性があります;若者(young people)は呼称を役に立つと思うこともあれば、汚名と感じることもあります。このテーマについて、どのような言葉を使うのが最適なのか、コンセンサス(同意)は得られて…

キャス博士の報告書:この報告書について - p.16~

この報告書について 子どもと若者のためのジェンダー・アイデンティティ医療サービスに関する独立審査報告書は、NHS(国民保健サービス)イングランドから委託を受け、委託条件に規定されたこれらの医療サービスの提供に関する疑問について提言を行うもので…

WPATHファイル:結論 - p.70~

結論:CONCLUSION このレポートが示すように、WPATHは医療組織ではありません。WPATHは、ジェンダー関連の苦痛に苦しむ脆弱な個人を助けるための最良の方法を見つけるための科学的探求に従事していません。WPATHは、医療グループを装った活動家の臨床医や研…

WPATHファイル:ホルモンで子供の身長を操作する試み - p.65~

ホルモンで子供の身長を操作する試み背の高い女児と背の低い男児の身長を矯正しようとする小児内分泌科医の過去のスキャンダルと、小児内分泌科医が子供のジェンダー非同調を矯正しようとする今日のスキャンダルとの比較研究 1950年代、小児内分泌学者は、ホ…

WPATHファイル:身体欠損性愛 - p.~61

身体欠損性愛(Apotemnophilia:アポテムノフィリア)健康な手足を切断したいという願望と、外科的に作られた異常な生殖器を持ちたいという願望の比較研究 2000年、スコットランドの外科医が、身体的には健康だが、アポテムノフィリア(身体欠損性愛)として…

WPATHファイル:卵巣摘出術 - p.57~

卵巣摘出術 19世紀の産婦人科手術による精神疾患の治療法と、今日の性器手術と両側乳房切除術による精神疾患の治療法とを比較した症例研究 19世紀の最大の医療スキャンダルの1つは、「月経の狂気」、ニンフォマニア(女性の異常な性欲亢進)、マスターベー…

WPATHファイル:子供や脆弱な大人に対する疑似科学的なホルモン実験や外科的実験の過去の事例/ロボトミー - p.53~

子供や脆弱な大人に対する疑似科学的なホルモン実験や外科的実験の過去の事例 過去には、医学界が壊滅的なミスを犯したにもかかわらず、その誤りに向き合い、自己修正するのに何十年もかかった例がたくさんあります。WPATHによる今日のスキャンダルは、ロボ…

WPATHファイル:素晴らしき新世界 - p.50~52

素晴らしき新世界 多くのWPATHメンバーは、自分たちが新しい医療フロンティアの先駆者であると考えています。イギリスの精神科医は、サターホワイトが「ノンスタンダード(非標準的)」という用語を使うことに異議を唱え、そのような介入は「将来、スタンダ…

ご寄付のお願い

当研究会の活動に賛同してくださる方からの寄付を募ります。 寄付してくださったお金は、サーバー維持費、資料作成費、関係各所への資料郵送費、翻訳に携わった方々への謝礼金など、研究会の活動費として利用させていただきます。私たちの活動を応援してくだ…

WPATHファイル:消費者主導のジェンダー医療/リスクの軽減よりも患者の自律性を重視 - p.49~50

消費者主導のジェンダー医療 近年、「ノンバイナリー」を自認する若者の数が大幅に増加しています。 WPATHは現在、これらの人々も、ホルモンや手術による性的特性変更処置を受けられるよう支援しています(211)。 WPATHのSOC8のノンバイナリーの章では、「…

WPATHファイル:マイノリティ・ストレス/現実的な期待 - p.47~49

マイノリティ・ストレス WPATHの信仰体系には、トランス前後の精神疾患の割合の高さや、トランス後の自殺の問題に対する解答が組み込まれています。その答えがマイノリティ・ストレス・モデルです。WPATHによると、性的特性変更の介入前、介入中、介入後にト…

英国市民団体よりリシ・スナク首相への書簡

市民団体Declaration for Biological Reality(生物学的現実の宣言)コーディネーター:James Esses 氏からの書簡 declarationforbiologicalreality.org イギリス首相 リシ・スナク殿 私達は様々な経歴や職業の市民のグループです。 私達はジェンダー・アイ…

WPATHファイル:重度の精神疾患患者にさえ人生を変える医療介入への同意を可能にした - p.44~47

重度の精神疾患患者にさえ、人生を変える医療介入への同意を可能にした。 ファイルで議論されている患者のなかには、性的特性変更処置を受けることを決意したときに健全な精神状態ではなかった人もいます。つまり、将来の健康と性機能への長期的な影響を理解…

WPATHファイル:トランスしなければ自殺するという神話 - p.41~44

トランスしなければ自殺するという神話 WPATHのメンバーやジェンダー肯定医療を提供する一般の臨床医は、性的特性変更を「命を救う」医療だとでっちあげ、それがなければトランスジェンダーの若者や成人は自殺のリスクが高いと言い張ります。 トランス活動家…